サクのバンコク生活日記

バンコクやその近郊のオススメの場所をバンコク在住4年めのサクが紹介するブログです。

日本からきた接骨院「ほねつぎ」で骨格矯正&インナーマッスル強化を体験してきました!【PR】

スクンビットソイ49、サミティベート病院のすぐ隣あたりにできたモールRQMallに入っている接骨院「ほねつぎ」に行ってきました。RQMallには、先日紹介した「セントラルグリーンジャパニーズクリニック」も入っているし、1階にはS&Pやカフェもあるし、ソイ49がますます賑やかになりましたよね。

  

「ほねつぎ」とは

まず、「ほねつぎ」ってちょっと怖そうな名前ですがどんなお店なんでしょうか。公式ホームページによりますと、

ほねつぎは、日本国内で東証一部市場に上場しているアトラ株式会社が全国展開している鍼灸接骨院チェーンです。2017年1月現在、北は北海道、南は沖縄県まで全国に80院以上展開する国内最大規模の鍼灸接骨院チェーンです。

ということで、日本最大規模の鍼灸接骨院チェーン店なんですね。接骨院と分かってちょっと安心。

 

メニュー

タイのほねつぎのメニューは以下の2つです。今回は両方とも体験させてもらいました!

  • ボディメイクコース(骨盤くびれ矯正)(約45分※初回のみ90分) 1回2,000バーツ
  • ペインケアコース(約20分※初回40分) 1回1,000バーツ

 

施術の流れ

ほねつぎでの施術は以下のような流れで行われます。

  1. 受付…問診票記入&本日の流れの説明
  2. 着替え
  3. 施術前の姿勢を撮影…写真のボードの前で撮影を行います。
  4. カウンセリング…日本人女性の先生が撮影した写真をもとに現在の姿勢の問題点について教えてくれます。また首や肩の動きをチェックします。
  5. 施術
  6. 施術後の姿勢を撮影
  7. アドバイス…施術前後の写真をもとに日本人の先生がアドバイスをしてくれます。
  8. 会計

 

ペインケアコース

ペインケアコースは肩こりや腰痛などすでに痛みがある人のためのコースです。

私はペインケアコースは考えていなかったのですが、パソコン作業をするため肩こりに悩んでいる旨を先生に話したところ、ペインケアコースも受けることに。

ペインケアコースはこちらのベッドで、患部に電流を流して治療していきます。

カウンセリングをしてくださった日本人の先生の指示に従ってタイ人スタッフの方が施術してくださいました。ちょっと日本語も分かってくださるので、安心。

整体やタイ古式マッサージでありがちな、体をバキバキっとするような動作はありません。

施術を受けた後は首がまわしやすくなり、首、肩が軽くなりました。けっこう効果あるかも!

 

ボディメイクコース(骨盤くびれ矯正)

施術前の写真撮影によって、骨盤が前に出ていて、左右の高さも違っていた私。ボディメイクコースではその歪んでいる骨格を整えていきます。そのために使用するのがこのベッド。

このベッドにもたれかかって立ち、そこからベッドごと水平にして、ベッドの一部を上げ下げして骨格を整えていきます。痛くないから大丈夫です♪

次はペインケアコースを行ったのと同じベッドに移動し、筋トレマシンをお腹に貼ってインナーマッスルを鍛えていきます。骨格だけ整えても、それを支える筋肉が弱いとすぐに元に戻ってしまうので、両方バランス良く整えていくというのが重要なんだそうです!

10分ごとに強度を上げていって、30分ほどやったのかな?終わってからもお腹が動いているような感覚でしたよ。

その後、施術前後の写真を比べてみましたが、骨盤の高さがそろって、骨盤が前に出ている角度も少し良くなったようでした。先生によりますと、最初の施術後72時間以内に再度施術を行うと効果的で、3ヶ月の間に30回行うと最も効果が発揮されるそうです。でもそんなには通えない方がほとんどなので、その人のペースで通ってもらえば大丈夫だそうですよ。 

ペインケアコースがすごく効いたような気がしたので、頑固な肩こり持ちの夫も今度施術してもらおうかな、と思っています。筋肉の重要性について再認識できただけでも収穫だったかな。

ボディメイクコース(骨盤くびれ矯正)は産後の骨盤矯正としてもおすすめだそうです。キッズコーナーもあったのでお子さん連れで行っても大丈夫そうです♪

 ほねつぎスクンビット49店 

****************************
ブログランキング参加中!
下のボタンから他の方のブログを見ることができます。↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ