サクのバンコク生活日記

バンコクやその近郊のオススメの場所をバンコク在住4年めのサクが紹介するブログです。

タイ国内に26店舗展開!バンコクでうどんを食べるなら丸亀製麺へ

※2016年11月21日 更新

海外暮らしでも、いや、海外暮らしだからこそ無性にうどんが食べたくなることがあります。バンコクにいくつかあるうどん屋さんの中で、我が家が最もお世話になっているのは有名うどんチェーン店「丸亀製麺」です。

丸亀製麺はタイに26店舗展開中!

丸亀製麺はタイ国内に26店舗展開していて、主にショッピングモールの中にテナントとして入っています。観光客が多いサイアムエリアだとセントラル・ワールドやサイアム・スクエアワンに、日本人が多いスクンビットエリアでは、レインヒルとゲートウェイに出店しています。

◯タイの店舗一覧:http://www.marugame-seimen.com/foreign_shop/

日本でのおなじみの安心できる味のうどん

タイの丸亀製麺でも日本と変わらない味のうどんを食べることができます!やっぱりうどんって、ほっとする味ですよね~。私がよく食べるメニューはこんな感じ。

温玉ぶっかけうどん(冷)

99バーツ(約290円)です。冷たいうどんが食べたい時にはこれを注文することが多いです。行った時によって温泉卵への火の通り加減が違うのが、タイの適当さをよく表しているような…この時は生に近い感じでした。残念。

肉うどん(豚)

これは夫が好きなメニューです。肉は豚と牛が選べますが、タイでは一般的に牛があまり美味しくないことが多いので、安心して食べられる豚を選んでいるようです。豚の場合は119バーツ(約350円)です。いつ食べても味にブレの無い安心メニュー。

かけうどん

69バーツ(約200円)。丸亀製麺のメニューの中で最もリーズナブルなメニューです。あまり食欲が無いとき、風邪をひいてしまったときなどによく食べます。これにサイドメニューの天ぷらやお稲荷さんをつけることもあります。

タイならではのご当地メニューも

定番メニューの他にタイならではのご当地メニューもあります。「シーフードトムヤムうどん」とか「スパイシーポークうどん」など、やっぱり辛くアレンジしているようです。どんな味なのかちょっと興味はありますが、まだ食べてみたことはありません。

丸亀製麺での注文方法は?

丸亀製麺ではセルフ方式を採用しています。

まず、カウンターの列に並んでうどんや丼物などのメインのメニューを店員さんに注文して受け取ります。時間がかかる場合には、注文したメニューが分かる立て札をもらいます。次に、天ぷらやお稲荷さんなどのサイドメニューを取り、最後にレジで飲み物を注文して、お会計という流れになります。

フリーの天かすやネギもありますよ!

タイでは珍しく食べた後のトレイはお客が自ら返却口へ運ぶことになっています。タイのサービスに慣れきってしまい、うっかり放置しそうになってしまう^^;

メンバーカードで10%割引

丸亀製麺はただでさえリーズナブルなのですが、有料のメンバーカードを購入すると更なる特典があります。

このカードを提示すると、火曜と水曜は全てのメニューが25%OFF、木曜は天ぷらやお稲荷さんなどのサイドメニューが50%OFFになります。

割引が変更になり、水曜日がすべてのメニュー20%OFFとなりました。(2016年11月追記)

その他の曜日も全てのメニューが10%OFFです。お得でしょう?

カードは1年更新で、確か99バーツか199バーツか…だったと思います。覚えていなくてすみません!!うちはけっこう頻繁に行くのでカード代金分は余裕で回収できていますよ。つい先日カードを更新したのですが、カードの有効期限のところに新しいシールが張られただけでした(笑)

うどんの持ち帰りも可能です

タイの丸亀製麺では、うどんの持ち帰りも可能です。風邪で辛い時なんかに夫に頼んで買ってきてもらったりしています。タイ人の方は大量に天ぷらを持ち帰っている人が多い印象ですね。メンバーカードを持っていれば木曜は天ぷら50%OFFだから、夕食の一品にこっそり加えちゃうのもいいかもです。

以上、タイでもとってもお世話になっている丸亀製麺についてでした!

丸亀製麺 ゲートウェイ・エカマイG階
  • 営業時間:10:00~22:00
  • アクセス:BTSエカマイ駅直結

※日本円表示は1バーツ≒2.9円(2016年9月現在)で計算

***他にこんな記事も読まれています***