サクのバンコク生活日記

バンコクやその近郊のオススメの場所をバンコク在住4年めのサクが紹介するブログです。

バンコク暮らしのハプニング「熱いお湯が出ない」その後の話

先週、我が家の給湯器が寿命を迎えて熱いシャワーを浴びれないなってしまった話を書きました。(その時の記事はコチラから)
その後進展があったので、ご報告も兼ねてその話を書きたいと思います。
 
 
前回は、暑いお湯がでなくなったので、給湯器をコンドミニアムのエンジニアに見てもらい、もう寿命だからオーナーに報告して交換してもらうように言われたところまででした。文字にするとたったこれだけの話。自分としてはかなり頑張った気がするのですが。
 
 
 
そこでオーナーにLINEで連絡し、数日後には給湯器を変えてもらえることになりました。今回はオーナーさんの対応が早かった!! 
 
「金曜日には給湯器を交換できるから、詳細はコンドミニアムの管理人に聞いてね!」とオーナーから連絡があったのが水曜日。木曜日に管理人に具体的な時間を確認しようとオフィスを訪ねるも不在。当日金曜日の午前中も会議のため不在。午後になって出勤してきたのでようやく聞いてみると、
 
 
管理人
「オーナーがまだ給湯器を買っていないから、交換はできないよ。」
 
 
ええぇーーー。
このために丸一日開けておいたのに(涙)
 
 
 
しょうがないのでオーナーに連絡すると、
 
オーナー
「管理人が買ってくれるかと勘違いしてたよ。ごめんね。今日買ってくるね!」
 
とのこと。ふぅ、一筋縄でいかないわね。
 
 
 
 
そして、土曜日の午後にやっと交換できたのでした。コンドミニアム専属の2人のエンジニアが、楽しそ~におしゃべりしながら2時間ほどかけて交換してくれました。おしゃべり大好きですよね。男二人でよく話題が尽きないものだと不思議。
 
まぁすったもんだありましたが、暖かいシャワーが浴びれるのは嬉しいことです。
 
 
 
 
と安心していると、今度はリビングのエアコンの吹き出し口が上手に開閉しなくなってしまいました。
おなじみのエンジニアに見てもらうと、「部品がダメになっているから交換しないといけないよ。オーナーに相談してね。」とのこと。
 
またか。。。
 
家電の不具合が頻発中の我が家なのです